地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

ふるさと納税で日本を元気に!~茨城県行方市~

須貝花園 愛情を込めて育てたカラー1鉢

心のこもった花のプレゼント!

一鉢、一鉢愛情を込めて、育てた鉢花を季節ごとにお届けします!

5月中には「カラー」1鉢が、届きます!

♪お花が届くのを待つのは、とても楽しみですね!
カラーの語源は、ギリシア語で美しいを意味する「カロス」に由来するという説やユリの様な美しい花を咲かせることから英語では「カラーリリー」とも呼ばれているそうです。
カラーの語源は、ギリシア語で美しいを意味する「カロス」に由来するという説やユリの様な美しい花を咲かせることから英語では「カラーリリー」とも呼ばれているそうです。
須貝花園代表 須貝稔(すかい みのる)氏
須貝花園代表 須貝稔(すかい みのる)氏
須貝氏が花園生産を始めたのは、昭和54年。
安定して出荷できるようになるまでには色々な人の話を聞いたり調べたり、失敗したり…現在は新種に取り組みながらも、「母の日」や「クリスマス」等の年間イベントに花を一番良い状態で出荷できるようにしています。

年間で20品種の花を生産している須貝花園ですが、今回のお礼の品では「カラー」と「シクラメン」を提供してくださることになりました。
そこで須貝氏に花の生産と魅力についてお話を聞いてみました。

― 須貝さんは「花」を生産するきっかけは何ですか?

父の代は「いちご」の生産農家だったのですが、自分が農業をする段階になった時、丁度自分の先輩が「花」の生産をしていると聞いて見学したのがきっかけですね。
でも、いざやってみると品種によって土づくり、温度、湿度、日照時間など違いがあって、カラーにしてもシクラメンにしても安定して供給するまでには結構苦労しましたよ。
品種もそれぞれ多いので、その中から病気に強いとか、花の色がキレイだとかあるので一度その品種を栽培してから見極めるので「これだ!」となるまでには、時間がかかったんです。

― 須貝さんはこれまでに花の生産農家として一番うれしかったことは何ですか?

もちろん、花が咲いたときだよね。思い通りの花が咲いたときはそれは嬉しいですよ。
それに、直売もしているのでリピーターのお客様が季節になると「待ってたよ」とお声がけしてくれるのが嬉しいですね。また、次回も綺麗な花を提供できるように意欲がわきます。

― 直売所はどちらにありますか?

もちろん須貝花園でも販売しますし、行方市玉造の直売所「楽郷(らっきょう)」にもあります。どうぞお近くでお買い求めください。

◇カラーの魅力

凛とした咲き姿が印象的な「カラー」は、切り花やアレンジメントに人気の品種です。
南アフリカ原産の球根植物です。

タイプ別にすると「畑地性」と「湿地性」に分れます。
行方市は比較的温暖な地域で、湿度も比較的少ないため須貝氏のハウスでは、「畑地性」のカラーを使用しています。
《畑地性カラーとは…》
乾燥地域で育つタイプです。
花色も豊富で、水はけの良い草地や岩場を好みますが、その中でも品種や性質により作り方が違うそうです。
また、苗を育てるハウスもビニールとガラスでは、花が咲いた時の色合いが違うので須貝花園ではガラスのハウスで育てています。
ガラス越しのお日様の日差しが、カラーの花の色を鮮やかにしてくれる秘訣です。
ガラス越しのお日様の日差しが、カラーの花の色を鮮やかにしてくれる秘訣です。
カラーの育て方のポイントは、栽培環境にあり!
先ずは温度管理から…
球根は2月上旬に植えはじめ、ハウスの温度は20℃に保っています。水やりは、用土が乾いたらたっぷり水を与えますが水はけが良く肥料もサッと抜けるような土づくりを心掛けているそうです。

◇シクラメンの魅力

シクラメンの最盛期には、須貝花園のハウスの中は鮮やかなシクラメンでいっぱいになります。
シクラメンの最盛期には、須貝花園のハウスの中は鮮やかなシクラメンでいっぱいになります。
シクラメンは赤やピンク、白のほかにも沢山の色彩が楽しめるほか、花形も八重咲、花弁にウエーブが入るフリンジ咲きなど毎年次々と新品種が発表され、花もちが良い特徴を持っています。
また、秋から冬にかけて花の少ない時季に楽しませてくれるのも人気の秘訣かもしれません。
シクラメンの原産地はヨーロッパの地中海沿岸地域です。
多年草なので、夏の管理次第で、また次の冬にも花を楽しめるそうです。
《シクラメン花言葉》
「遠慮」「内気」「はにかみ」…etc
下向きに咲くシクラメンの花が、恥じらっているように見えることに由来しているそうです。
シクラメンは色別の花言葉もそれぞれあるので、それを調べるのも面白いです。

冬になると部屋に置きたくなってしまう「シクラメン」
冬になると部屋に置きたくなってしまう「シクラメン」
シクラメンの栽培はやはり温度管理と水やりです。
シクラメンは乾燥を好みますので、土は水はけの良いものにし、乾いたらたっぷり水やりをします。
日当たりが良く風通しの良い所で管理します。

◇お礼の品一覧

カラー1鉢 【内容】カラー1鉢 ※花の色は3色(ピンク・黄・オレンジ)の中から1色お届けします。 ※色の指定はできません。 ☆画像はイメージです。
カラー1鉢 【内容】カラー1鉢 ※花の色は3色(ピンク・黄・オレンジ)の中から1色お届けします。 ※色の指定はできません。 ☆画像はイメージです。