地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

なめがた今昔物語

昭和40年頃の国民宿舎白帆荘の外観

~天王崎といえば白帆荘、そんな時代もありました~

2016/12/29

遠くからも見える白くて四角い建物でした!
遠くからも見える白くて四角い建物でした!
昭和40年頃の国民宿舎白帆荘の写真です。

霞ヶ浦の観光が盛んだった昭和32年に建設され、麻生町の人々に愛された国民宿舎でした。

観光でいらした方はもちろんのこと、地元の人々のイベントでも多く利用されました。

まさに麻生町を代表する宿泊施設でした。

実は、平成29年は、白帆荘が閉鎖されて10年目の年になります。

もうあの時から10年経つんですね。

ついこないだのようでも昔の話。

これからも白帆荘の思い出は語り継いでいきたいですね…。
休日は車がたくさん! 麻生を代表する観光スポットでした!
休日は車がたくさん! 麻生を代表する観光スポットでした!
写真提供…井関写真館