地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【全体のバランス】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【全体のバランス】
家づくりの要素は、価格帯はもちろん、設計や構造、デザイン、性能などで多岐にわたります。
その全体を言えずに、
一つだけをピックアップして家づくりのウリにしているような工務店は注意したほうがいいでしょう。
たとえば、デザイン性ばかりを強調するところは、
構造面や断熱などの性能面がおろそかになっていることがあります。
設計事務所のなかには、断熱性や構造のことなどなにも考慮せず、
国が基準を出している性能表示制度については話さえ通じないところもあるというから驚きです。

また、断熱工法や断熱性だけを強調しているところも要注意です。
断熱材の厚さだけを取り上げてその効果をうたっても、
他の性能がおろそかになっているのでは片手落ちということになります。
たとえば、北海道では断熱性能を表すQ値を1にする『Q1住宅』が注目されています。
このQ値が小さいほど、熱が逃げにくく断熱性能が良いといえます。
北海道の気候であれば、そんな住まいも良いでしょうが、たとえば冬の日射量がとても多く、
夏も非常に暑くなる群馬県や埼玉県では、断熱性だけを極端に高めるのではなく、
その気候特性に合った細やかな配慮のある設計にすべきでしょう。
何か特別なものには目が奪われがちですが、とくに寒さや暑さをしのぐための設計には、
どこでも通用するような技術はなく、
地域や立地条件を詳しく分析し、それに合わせる応用力が何より必要なのです。

さらには、低価格だけをうたっているところも考えもの。
あなたが自然素材の木を家をつくりたいと考えているのなら、
安ければいいという家づくりをしている工務店は選択肢からはずしたほうがいいでしょう。
もちろん木の家だからといって、適正価格を大幅に上回る設定をしているところは論外ですが、
安さを追求しているばかりでは本物の木の家は建ちません。
ある程度の予算設定は必要ですが、品質に見合う、設計施工価格に合った価格であるべきです。

家づくりは、さまざまな要素が組み合わされてできるもの。
一つの要素を突出させるあまり、他がおろそかになっていないかバランスを見極めて、工務店を選ぶべきでしょう。

バックナンバー【良質な家】も参考にしてみてください。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより
住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。