地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

2019年10月1日の消費税増税に伴い、表記価格が実際の価格と異なる場合がございます。

温湿布?冷湿布?

 たまつくり調剤薬局のニュース

「温湿布?冷湿布?」
温湿布、冷湿布どっちの湿布がいいの? この質問、よく聞かれます。


一般的には、打ち身・ねんざなどの急性の症状、熱をもった痛みなどには冷湿布が向いています。

また、肩こり、腰痛などの慢性的な症状、筋肉がこわばったり、局所が冷たいような場合は、温湿布が適しています。

温感タイプの 湿布剤は、トウガラシエキスが配合されたものが多くあります。入浴により体温が上がると、トウガラシエキスの刺激により、強い痛みを感じることがありますので、入浴前後1時間以上は貼らないようにしましょう。

くわしくは、たまつくり調剤薬局まで。
薬局・ドラッグストア[調剤薬局]

たまつくり調剤薬局

ふれあい祭り
最新のニュース一覧へ
口コミ(6件)一覧へ

人気のキーワード