地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【家づくりの流れ】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【家づくりの流れ】
私どもの家づくりの流れをまとめました。
住宅計画をお持ちの方はご参考にしてください。

①お問い合わせ:
住宅計画のどんな相談でもOKです。
↓お問合せフォームに必要事項をご記入のうえ送信ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S66364126/
お電話でもOKです。〔0299-56-0032〕

②初回面談:
当方の打ち合わせスペースにて、資金相談・建築のスケジュール・
技術的なご質問などにお答えします。
そこで、住宅計画のおおまかな内容をご確認いただきます。

③建築地の調査:
建築地の現地の状況を確認し、役所や法令制限を調査し、
プランニングに向けた敷地図面の作成をします。

④土地探しサポート:
建築地をお探し中の方の場合、
希望条件に合致した売地情報を取りまとめて、
ご紹介することが可能です。

⑤資金計画
予定している予算でどの程度の建築が可能かを検討し、
また、借り入れをした場合の返済シミュレーションし、
建物以外でかかる費用などをすべて取りまとめた計画書をお作りします。

⑥ヒアリング:
事前に家族内で新しい暮らしの過ごし方や希望内容をお話合いいただき、
専用シートにご記入いただきます。
設計スタッフとそれぞれをキャッチボールしながら確認し、
ご要望の整理をして設計へと臨みます。

⑦プレゼンテーション
ご提案プランをお見せします。
一番わくわくする瞬間でしょう。
実際の暮らしのシーンを想像しながらプランに過不足がないかを打ち合わせをします。
必要に応じて建築模型や熱損失計算などのサブ資料を作成します。
プランニングは間取りが確定するまで行います。

⑧お見積もり作成
工事区分ごとに積算数量を拾い出してお見積もりを作成いたします。
お聞きしている建築総額の範囲内で
ベストなバランスになるように仕様などを調整し予算超過しないように努めます。

⑨ご契約
工事内容・工期・金額などの条件をご確認いただき、建築工事請負契約を結びます。
契約金をお支払いいただきます。

⑩詳細打ち合わせ
仕様・収納・制作家具などの詳細を打ち合わせし、
キッチンなどの設備をショールームにてご確認いたします。

⑪建築確認申請
役所へ建築確認の申請を行います。
10日程度で許可が下ります。
並行して現場監督が着工準備へと取り掛かります。
解体工事のある方の場合、このタイミングで引っ越しをいたします。
中間金でつなぎ融資を必要とする場合は、これ以降手続きができます。

⑫地鎮祭・配置確認
建築工事の安全祈願と敷地のお浄めを行います。(任意)
同時に建物の配置や高さ設定の確認と近隣挨拶を行います。

⑬地盤改良工事
地盤調査の結果、地盤改良工事が必要と診断された場合は工事を行います。

⑭着工
基礎工事の着工に入ります。
建築工事のスタートです。
第三者機関による鉄筋の配筋検査が行われます。

⑮上棟
家全体の構造材の組み立てを開始し、
屋根の一番上にある棟木が乗ることを上棟といいます。
感動的な日になることでしょう。
当日、担当大工をご紹介します。(上棟式は任意)
中間金をお支払いいただきます。

⑯中間検査
構造が組み終わった段階で、第三者機関による構造検査を行います。
お客様立会いで断熱施工と配線の確認をお願いしています。

⑰木工事完了
大工工事が終わり仕上げ工事に入る前に、
お客様立会いで施工図面通りの工事がなされたかの確認をお願いしております。
建物の登記依頼をするタイミングです。

⑱竣工
建物工事がすべて完了したら、最終確認をお願いしております。
手直し工事があればお引渡しまでに済ませます。
役所により申請内容と誤りがないかの完了検査が行われます。

⑲お引渡し
建築工事代金の清算をし、最終金をお支払いいただきます。
建物の取扱説明をし、鍵とお引渡し書をお渡しします。

⑳定期的にご訪問
定期的にご自宅にご訪問させていただき気になる点などを伺いながら、現場確認させていただきます。
(1ヶ月目・3ヶ月目・6ヶ月目・そして毎年1回)
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。