地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【吹き抜けの必要性】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【吹き抜けの必要性】
それは『家全体を効率的に空調』するためです。
いくら家全体の断熱性能を上げても、空気のスムーズな流れがなければ効率的な空調は望めません。
1階から2階、家全体への空気の流れを確保するため、吹き抜けは重要な役割を果たします。
また『太陽の光を家全体に取り入れ、冬の日中の暖かさを確保』するためにも吹き抜け空間は、おおいに役立つのです。

どうしても必要な部屋意外は個室とせず、なるべくオープンにし、北側の空間は吹き抜けを介して冬の太陽光を確保できるように工夫します。
リビングを個室とは考えず、吹き抜けを介した、家全体がリビングという捉え方です。

こう考えると廊下や、階段もリビングに取り入れることができ、家全体を広々とつかうことが可能になります。
日当りの悪い、寒くて暗い部屋をつくらなくてすむのです。

そうは言っても、暖かい空気は上にあがってしまうのだから、やはり1階をリビングにして吹き抜けをつくった場合は、冬に足下が寒いのではないか思われるでしょう。
しかし、しっかりと断熱し隙間風が入らない住宅では吹き抜けの下と上の温度差が、通常の場合と比べて少ないのです。
断熱・気密性の悪い住宅ではその温度差が17度前後に対して、断熱・気密性のよい住宅では2度前後といったデータもあります。
温度の分布状態は、住宅のおかれた環境や空調設備の設置の仕方によっても変わってくるでしょうが、高断熱・高気密住宅で『室温の差が均一化』することは確かです。

バックナンバー【気密と断熱性】も参考にしていただけると幸いです。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより
建築・設計・施工[リフォーム、新築(設計、施工、管理)]

とんぼ住宅

住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。