地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【道具の収め方】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【道具の収め方】
一般的に、天井の高さは240cm(2.4m)にすることが多いですが・・・ひとつ工夫が必要です。
天井いっぱいの収納を考えると(天井から付けないと、吊り戸棚の上がホコリだまりになってしまいますので、とくに台所では不向きです)、240cmの位置にあるものを取り出すには脚立が必要です。
若いころは問題ありませんが、年をとってから脚立に乗って物を取るのはとても危険です。
また普通、流し台とレンジの高さは一緒ですが、物を洗ったり包丁を使うことと、レンジを使う行為が違うことを考慮し、流しよりレンジの高さを10cmほど低くするアイデアもあります。
また家電製品の置き場所も含め、使用頻度の高いものを使いやすい場所・高さに置くことがとくに大事です。
たとえば米びつは床付近ではなく、屈まないで使える場所にあると、年齢に関係なく楽ですね。
また収納は引き出しや、扉によって大きく開く場所など、収納形式のバランスを考えましょう。
引き出しの利点(とくに奥まで引き出せるタイプ)は、引き出しの中全体が見渡せること。
一方、扉タイプの利点は使い方に自由度が高く収納量も大きいことです。
それらの収納物を、料理の流れに合わせて配置できれば、さらに使いやすいキッチンになります。

バックナンバー【動線計画】も参考にしてみてください。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより

【茨城県木材協同組合連合会】平成29年度 柱材一棟分プレゼント!
新築の住宅建築の際、茨城県産の柱材等を使用すると助成金がもらえます。
詳しくはこちらより
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。