地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【重要な空気環境】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【重要な空気環境】
リフォームや新築した住宅に入居した人が、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの症状を訴えた『シックハウス症候群』が問題になったことはまだ記憶に新しいことでしょう。
その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレン…)などの揮発性の有機化合物と考えらえています。
このシックハウス問題が起きた最大の原因は、建物のつくり手が建築材料の中身を知ろうとしなかったことにあります。
建材の見かけがよい、変形しにくい、安い、施工しやすいというようなことばかりに目がいってしまった結果だということでしょう。
こうした反省を踏まえ、2003年には、建築基準法にシックハウス対策が盛り込まれました。
しかし、これはホルムアルデヒドなどのごく限られた化学物質だけが規制対象になっているに過ぎません。
食品や化粧品などには成分表示があるのに、建築材料にはホルムアルデヒドに関するもの以外の成分表示がほとんどないのが現状です。
そういう意味で、使っている建材の成分がわかっているつくり手を選ぶのが安心です。

でも、もっとシンプルに考えれば、自然素材を使うことが何より安心。
とくに室内に使う材料をできるだけ自然素材にすることがポイントになります。
たとえば、床に敷いた無垢材のフローリングには植物系の塗料を、壁には漆喰(しっくい)を利用した左官材料を使うという具合。
健康を害さず快適に過ごすために、常に室内の空気が清浄な状態になるように自然素材をうまく使う。
そんな『空気をデザインする』ことをおすすめします。

バックナンバー【αピネン】も参考にしてみてください。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより

【茨城県木材協同組合連合会】平成29年度 柱材一棟分プレゼント!
新築の住宅建築の際、茨城県産の柱材等を使用すると助成金がもらえます。
詳しくはこちらより
住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。