地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

子ども室は成長の時間軸

 TOMBO HOUSE(トンボハウス)のニュース

子ども室は成長の時間軸
子どもの成長は早い。

そして、暮らし方のスピードも早い子ども…。

とくに子どもがまだ小さい場合、
この変化にどのように対応するか、
建て主からの要望に必ず入っています。

小さな子ども二人の場合、
将来、一部屋から二部屋にできるようなプランにしたいと希望が出来ます。

小さな二人が一部屋を使うときの家具の配置と、
ある程度育ってきた二人が二部屋にして使うときの配置では、
その暮らし方はまったく違ってきます。

その使い方に合わせて、
収納や家具配置を変えるのが当然であり、
それを考えながら、
現在から将来に向けての子ども室の設計は進んでいきます。

変化することとしないことを見極めることで家具の設計は大きく異なります。

固定家具と移動家具の使い分けも、この生活の時間軸を考えながら進んでいきます。

バックナンバー
部屋は完全個室化しない

高断熱住宅で「暮らし方イノベーション」
TOMBO HOUSE
建築・設計・施工[リフォーム、新築(設計、施工、管理)]

TOMBO HOUSE(トンボハウス)

住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。