地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

気配を伝える

 TOMBO HOUSE(トンボハウス)のニュース

気配を伝える
状況にもよりますが、
本来、塞がれていなければならない面に、
穴や隙間といった開口があると、
その向こう側との関係に、
有形無形の何らかの関係が築かれます。

たとえば扉の脇につくられる
細長い嵌め殺し(FIX)の
ガラスや壁の上の欄間などは、
壁が端部で切られることによって、
そのスリットから光が漏れます。

この光は間接光となり、
実際の光の効果より、
向こう側の空気感を
より強く伝える役目を
もつことになります。

また、
下の階が見える床に設けられた穴、
本来、
上から光を落とすためのものが、
その上に立つと重力に反しているような
不思議な気持ちになります。

さらに、壁に開く穴、
穴といっても小さなのぞき穴から
顔が出せる程度の穴まで、
実利に伴い適材適所に開かれるわけですが、
とくに小さな穴は、のぞいてはいけない場所を
のぞいてしまった、そんな悪戯心が
呼び起こされたりもします。

逆説的にいってしまえば、
スリットであれ穴であれ、
暮らしから導かれる存在理由が
しっかりしていれば、
そこから醸し出される遊び心によって、
暮らしはさらに
楽しいものになってくれると感じます。

バックナンバー
吹抜け空間

高断熱住宅で「暮らし方イノベーション」
TOMBO HOUSE
建築・設計・施工[リフォーム、新築(設計、施工、管理)]

TOMBO HOUSE(トンボハウス)

住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。