地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【漆】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【漆】
日本代表の美しき艶

つややかな光沢、優雅で見目にやわらかな質感・・・。
漆は古来、その美しさから器や家具、楽器などの装飾に用いられてきました。
漆器と呼ばれる食器や盆などの道具のうち、特に漆と金粉、銀粉で描いた『蒔絵』に代表される装飾技法が施されたものは、高級美術品として扱われいます。
それらは16世紀の大航海時代、欧州諸国に紹介されて以来、英語で漆器を『japan』というように、現在も日本を代表する美術工芸品です。

一方、そうした美術工芸品として以外にも、漆は木材の塗装や接着剤として、社寺建築や庶民の住宅にも使用されてきました。
能登地方などでは、住宅の梁や柱、天井や床などに、生漆(きうるし)を擦り込んで拭き取ることを繰り返す『拭き漆』の技法を用いた室内仕上げがよく行われました。
拭き漆では塗膜が厚くならず、漆の光沢とともに浮き立つ木目を楽しめます。
また、漆を和紙に塗った漆和紙では、重厚さと華やかさをあわせ持つ色みや、和紙と混じった独特の質感を味わえます。

また、塗料としての漆には、見た目の美しさとともにさまざまな効果も…。
ウルシノキの樹液をろ過した生漆(白色)を、さらに水分3~5%にまで精製したものが漆です。
漆は適温、適湿で硬化し、強靭な膜をつくり、高い撥水効果を持ちます。
また、漆には食中毒を引き起こす大腸菌群や、アンモニアをつくり出す尿素分解菌に対する抗菌性がある。

漆の塗装には技術が必要なので、専門業者に相談するのがいちばんですが、『拭き漆』であれば、DIYも可能。
ただし、漆はかぶれやすいので十分注意してください。

バックナンバー【自然塗料】も参考にしてみてください。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより

【茨城県木材協同組合連合会】平成29年度 柱材一棟分プレゼント!
新築の住宅建築の際、茨城県産の柱材等を使用すると助成金がもらえます。
詳しくはこちらより
住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。