地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【体感温度】

 とんぼ住宅のニュース

地元で安心!家づくり(リフォーム&新築)【体感温度】
女性は注意。上下温度差が自律神経失調症の原因になりうる。

人間の『くるぶし』付近は、
肉があまりついていないために寒さを一番敏感に感じる部分になっております。
さて、断熱が不十分な住宅においては、空間上下で温度差が生じています。
暖房で空気を暖めても天井付近にたまり、床付近は冷たいままです。
さらに温度差があるということは下降気流、すなわち『風』も生まれますので、より寒さをくるぶしが感じます。
そんな冬の不快な状況を『足元がスースーする』という表現で表すのがぴったりです。

一方で高い断熱性の家は、魔法瓶のように家全体を保温するので上下温度差が小さくなります。
性能が良い家ほど上下温度差が少なくなります。

体感の調査をした結果、(暑くも寒くも思わない)中立温度が、最も低いのがおでこの22℃、足元の26℃であったということです。
体感では上下で4度の開きがありました。
そうなると大事になってくるのが暖房の方式です。
理想的には床暖房のように、足元の一番温度が高くなる方式が望まれます。
エアコンのように、上から温風でおこなう暖房は『足元は寒いが、顔は暑くて火照る』
暑さと寒さが同居する状態で、体がどこに合わせて体温調整していいのか分からなくなります。

上下温度差による体感の悪さと、それによるストレスは『自律神経失調症』を引き起こしかねません。

自律神経は、体の状態を一定に保とうとする神経ですが、それが狂うと体全般に不調な症状が出てきます。
足腰の冷え・肩こり・いらいら・不眠・生理不順などなどが生じます。

特に女性に多い症状なのは、女性の方が男性よりも2℃寒さに弱いことが原因です。
専業主婦ともなると在宅時間が長くなるので、上下温度差を解消してあげることが何よりです。

ISO規格では、許容出来る上下温度差は3℃以内とされていますので、その範囲で納めたいものです。
血圧も高くなりやすくなるので、心臓・脳の血管障害も誘発しやすく、高齢者にとっても好ましくありません。
古くからの格言である『頭寒足熱』が理想だということです。

それを住環境において実現するのは
①高い断熱性
②快適な暖房方式の採用
この2つが大事だということを確認いたします。

バックナンバー【温度差に注意!】も参考にしてみてください。

【PR】とんぼ住宅
一邸一邸、高品位な住宅を手の届く価格帯でお届けします。
(有)蜻蛉住宅設計事務所(通称:とんぼ住宅)
〒311-3515 行方市井上1539-2 TEL:0299-56-0032
お店のホームページ
個別相談会のご案内
家づくりの流れ
まどりくんWEB

【行方市】被災者生活再建支援制度
東日本大震災で居住する住宅が被害を受け 解体&新築される際 最大300万円の支援金がもらえます。
詳しくはこちらより

【行方市】定住支援
行方市に新築される際 助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【茨城県木材協同組合連合会】柱材プレゼント
新築の住宅建築の際、茨城県産の柱材等を使用すると助成金がもらえます。
詳しくはこちらより

【国土交通省】すまい給付金
消費税増税に伴い住宅取得の負担を軽減するため給付金がもらえます。
詳しくはこちらより
住いの相談室カレンダー
最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。