地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

行方市障がい者フライングディスク大会

 障害者就労支援事業所 フリーダムのニュース

行方市障がい者フライングディスク大会
 こんにちはフリーダム』です
去る3月2日の土曜日に、
北浦運動場体育館アリーナにて、
行方市主催の『障がい者スポーツ大会』が開催されました
昨年同様、『フライングディスクアキュラシー』を楽しみました

 この大会は、毎回たくさんの方々からの御協力をいただいています
いつもありがとうございます。感謝申しあげます
茨城県障害者フライングディスク協会 18名
行方市スポーツ推進委員 10名
なめがたふれあいスポーツクラブ 5名
行方市社会福祉協議会 7名
行方市社会福祉課 5名
北浦中学校生徒、引率教師(ボランティア) 19名
麻生高等学校生徒(ボランティア) 3名

 総勢約70名の協力のもと、午後1時から開会式。
行方市長鈴木正也様のあいさつから始まり、
競技者(障がい者)140名が8つのサイトに分かれ、練習を開始
練習終了後、全員がディスクを1枚ずつ持ち、
フライングディスク協会の渡辺さんの音頭取りで「スロー!」の
掛け声と共に上に向かって一勢に投げ、いよいよここから競技開始

 さて、フリーダムは、この大会の4週間前から駐車場での
練習を始めました
2月3日(日)『茨城県フライングディスク団体競技大会
への出場に引き続いて、だんだんと盛り上がり、
パーフェクトを出す人が5人も出るようになっていました
I子さん、パーフェクトだよすごいね
去年の10月にフリーダムに入ったばかりだよ
H子さんは、いつも一番早く練習を始めているね
初めてのパーフェクトはどんな気分?」
ボク、2回目のパーフェクト達成だよ景品ゲットで最高
やったぁ初めてのパーフェクトだ
練習いっぱいやったよ
ボクは、昼休みの散歩に行くまえに、必ず10投投げているからね
パーフェクトとれてうれしいよ

 成績は、これまでになく、一人一人がよくがんばりました
なんと、1位はフリーダムの髙正雄一さんが取りました
10投中9投成功です
全体(競技者140人)の1位~3位に入った人は、
鈴木市長さんからすばらしい賞状とメダルをいただきました

 フリーダムからの参加者は、全部で19人
8投成功が2人7投成功が2人4投以上成功
15人(79%)という大変すばらしい結果を残しました
 
フリーダムでは『フライングディスク』を『生涯スポーツ
として位置づけ、5年前から取り組んでいます。
茨城県フライングディスク協会』主催の競技大会にも
欠かさず出場しています
 『なめがたふれあいスポーツクラブ』(毎週土曜,玉造B&Gにて)
に行くと、いろいろなスポーツができるのをご存知ですか?
フリーダムは月に1回、みんなで行って体を動かし、
スポーツを楽しんでいます
スポーツ吹矢』や『シャッフルボード』なども
とてもおもしろいですよ
もちろん、『フライングディスク』の練習もやっています

 8月の末には、『フライングディスク・茨城夏の大会』(個人)が
毎年あります。今日も、駐車場で朝からディスクを投げる姿が見られます。
昼休みも和気あいあいと利用者さんと職員さん方がゴールめがけて
みんなで投げています
私も、パーフェクト出したい‼ガンバルゾ
という声が聞こえてきます
ガンバレみんな挑戦だ


 行方市地域ポータルサイト「なめがた日和」
2019年3月6日掲載 施設長 田口記
介護・福祉[障害者就労支援事業所]

障害者就労支援事業所 フリーダム

最新のニュース一覧へ