地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

行方ふれあいまつり(午前)&障害者スポーツ体験会(午後)

 障害者就労支援事業所 フリーダムのニュース

行方ふれあいまつり(午前)&障害者スポーツ体験会(午後)
こんにちはフリーダムです
11月11日に霞ヶ浦ふれあいランドにて行われた、
「行方ふれあいまつり」にみんなで行ってきました

9:15に入場
まず初めに直行したのはフライングディスク
行方市社会福祉協議会の企画で、今年2回目。
県フライングディスク協会の協力で
ストライクアウトディスクゴルフ
などの用具もお借りし
「たくさんの子供たちにフライングディスクを
知ってもらおう」という企画です。
まだ、お客さんがいない中、フリーダムの面々も、
楽しくやらせてもらいました

次に向かったのは飲食エリア
焼きそばからあげカレー美名豚串焼き
もつ煮ちゃんこ鍋pizzaなど様々なお店があり
なかなか、昼食を決められない人が続出

「迷ったけど、焼きそばにしたよ
「から揚げ美味しかったよ~ヽ(^o^)丿」
去年おいしかったから、セントラルホテルの
カレーにしたよ
みんなでおいしくいただきました

午後は行方市の北浦体育館で開催された
「障害者スポーツ体験会」に参加しました
主催は茨城県障害者スポーツ・文化協会です。

障がい者の参加は
 「フリーダム」
 「ひなたぼっこ」さん
 「ポプラ」さん
などの障害福祉サービス事業所からの参加と
個人での参加、合わせて40名程でした。

初めに体験したのは「卓球バレー」
これは、卓球とバレーボールを合わせたような
障害者スポーツです。
卓球台の左右、中央に2人ずついすに座り、
1チーム6人で競います。
卓球の球の中に、つぶのような物が入ったものを使用し、
ネットの下を転がすように打ちます。
打つ用具は細長い板。(6cm×30㎝)
11点取ったほうが勝ち。
職員も一緒にやりましたが、ついつい夢中になって
「おしりをいすから離してはダメ」というルールを
忘れてしまう人が続出。
車いすに座ったまま、プレーができ、片手だけを使う
競技なので、いろいろな障がいのある人が一緒に
楽しくできるスポーツだと思いました
大丈夫、大丈夫
がんばろ~
まだいけるよ~
優しく転がしてくださ~い
など、とてもいいチームワークをつくることが
できました

次に体験したのは「ハンドアーチェリー」
これはダーツと同じような競技で、ピン(矢)の先に
磁石が付いていて、的にくっつきます。右手5本、
左手5本投げて合計点で競います
右手はいいけど左手は難しい
なかなか真ん中いかないね
腕が痛い
楽しい
2時間という短い時間でしたが「スポーツの楽しさ」
味わうことのできたひと時でした
「卓球バレー」「ハンドアーチェリー」
「全国障害者スポーツ大会」
オープン競技種目になっています(^o^)/
フリーダムでは、これからもスポーツを楽しむ機会を
たくさんつくっていきたいです


行方市地域ポータルサイト 「なめがた日和」
2018年11月17日掲載  小堀 記
介護・福祉[障害者就労支援事業所]

障害者就労支援事業所 フリーダム

最新のニュース一覧へ