地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

【まちの話題】幼児教育と小学校教育の接続に関する教職員研修会を開催しました

幼児の育ちを捉えた小学校への移行のために

今年度、2回目となる、幼児教育と小学校教育の接続のための保育士と教員による研修会を実施しました。職員間の交流が進むことにより、子どもたちの交流会も小学校区ごとに積極的に計画され、実施されています。

2月27日の研修会は、玉造幼稚園を会場に18名の保育士・教員が参加しました。午後の幼稚園での園児の遊び(目的をもって遊んでいる様子)・帰りの会(園児が自分の考えや思いを伝え合う話し合いの様子)・園内環境等を参観し、幼児教育施設の教育の理解につなげることができました。茨城県幼児教育指導員の高野道子先生には「円滑な接続とは何か」「接続に向けて大切なこと」「接続カリキュラムの改善に向けて」等について指導していただきました。

園では「アプローチカリキュラム」、小学校では「スタートカリキュラム」を作成し、実施しているところですが、幼児教育施設と小学校みんなで子どもを育てるという気持ちを大切にしながら、更に見直しを図り、スムーズな小学校への移行を進めていきます。

講師の先生の話

『講師の先生の話』の画像

帰りの会の当番活動

『帰りの会の当番活動』の画像

今日の振り返りの話し合い

『今日の振り返りの話し合い』の画像

各小学校区の話し合い

『各小学校区の話し合い』の画像                    『各小学校区の話し合いの内容の発表』の画像