地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

ふるさと納税で日本を元気に!~茨城県行方市~

【株式会社 松本】 本格芋焼酎 ~了(さとる)(R)2本~

奥深い甘さが持ち味の「紅はるか」100%使用!

こだわりぬいた土づくりから育てた「紅はるか」を存分に使った芋焼酎【了(さとる)】(R)
香り豊かで、まろやかな口当たりが女性にも好評です!

「芋焼酎 了(さとる)」(R)の原料が育つ行方市北浦とは…

行方市は茨城県の南東に位置し、霞ヶ浦と北浦の二つの湖に囲まれた比較的温暖な地域です。
霞ヶ浦、北浦に流れ出る多数の河川により芳醇な土地が形成されているため、行方市では年間60品目以上の農作物が生産されています。
このため、年間を通し多くの農畜産品を出荷できることで、安定的に首都圏へ食材供給が可能です。
米・野菜・肉(豚・牛・鶏)、鶏卵、川魚…等を年間通して首都圏方面へ出荷しています。
その中でも一番の生産量を誇るのが「さつまいも」です!
いつでも美味しい「さつまいも」を食べて頂くために収穫時期や品種を変えて栽培しています。主に作付けの多い「さつまいも」の品種は【紅はるか】で、上品な甘さに加えしっとりとした食感が楽しめます。
豊かな大地と太陽の恵みをいっぱい受けて元気に育つさつまいもです!
豊かな大地と太陽の恵みをいっぱい受けて元気に育つさつまいもです!

『土』にこだわったからこそのおいしさを味わって欲しい!

ビニールハウスで栽培されているチンゲン菜は肉厚で甘みがありみずみずしく、シャキシャキとした歯ごたえがあり、お料理を一段と引き立ててくれそうです。
ビニールハウスで栽培されているチンゲン菜は肉厚で甘みがありみずみずしく、シャキシャキとした歯ごたえがあり、お料理を一段と引き立ててくれそうです。
茨城県北浦みつば連合出荷組合(以下、北浦みつば連合)は、約50年の歴史を持つ組合です。主に生産しているのは「みつば」「大葉」「さつまいも」「エシャレット」「チンゲン菜」「エンツァイ」・・・等の中国野菜を含めた約19品目です。
EM(有用微生物群)を活かした土壌で、こだわり栽培の野菜を全国に出荷しています。
食べて美味しく、優れた品質の高い食材、そして環境に対して負荷の少ない農業を目指しています。

「了(さとる)」(R)の原料の紅はるかを生産した「茨城県北浦みつば連合出荷組合」のみなさん!<br>(写真提供 :株式会社EM生活)
「了(さとる)」(R)の原料の紅はるかを生産した「茨城県北浦みつば連合出荷組合」のみなさん!
(写真提供 :株式会社EM生活)
北浦みつば組合を代表して、組合長 男庭氏と開発推進委員長 前田氏にお話を伺ってみました。

■「EMそだち」ブランドとしてこだわり栽培をして全国へ出荷していますが、いつ頃から「EM」を組合全体で使うことになったのですか?
男庭氏:北浦みつば組合は約50年の歴史を持つ組合なんです。EMとの出合いは約22年ほど前です。農薬を使うのが当たり前の時代でしたが「日本の最前線」という故船井幸雄さんの著書がきっかけでした。
前田氏:北浦みつば連合にEMが導入されたばかりの頃は有機肥料として米ぬか、油かす、魚粉をEMで発酵させたEMぼかしを作り、酢と焼酎を混合したストチュウを病害虫対策に用いました。生産量を減らさずに無農薬栽培へ近づけるためには何をすべきかと考えた結果、土壌の微生物相をより豊かにすることが大切だと分かりEM活性液を大量培養できるように2012年頃から本格的に技術導入をしました。

土壌を活性化させたことで出荷量や生産物は変わりましたか?
男庭氏、前田氏:変わりましたよ!(笑)
男庭氏:夏場は暑さのために病気や害虫被害でチンゲン菜が売り物にならず廃棄しなくてはならないことが多かったのですが現在では廃棄する量が激減しました。
前田氏:さつまいもなどは形もよく、糖度が2度も上がり甘くて香りのよい物が収穫できています。

では、その糖度もあり香りの良いさつまいもを使った焼酎がこの「了(さとる)」(R)なんですね。
前田氏:そうなんですよ。 甘みがあって香りの良い「了(さとる)」(R)は非常に飲みやすく女子におすすめです。 私は晩酌に飲んでますよ。

…と、最後にPRもしていただきました!

「了(さとる)」(R)はどんなところで造られたの?

【明利酒類株式会社】
茨城県水戸市 明利酒類株式会社
代表銘柄:『副将軍(ふくしょうぐん)』 『百年梅酒』

江戸時代末期の安政年間に現在地で創業した加藤酒造店が当社の前身であり、昭和25年より明利酒類株式会社となった歴史ある酒蔵です。
清酒造りは南部杜氏の技術と、自社開発の小川酵母(協会10号酵母)や吟醸酵母(M-310酵母)の開発等、新しい技術を取り入れ丹精込めて仕込まれており、清酒「副将軍」は全国新酒鑑評会において金賞を通算12回受賞する等、高い評価を得ています。
明利酒類株式会社は、日本三大庭園である偕楽園の近くに位置しており約50年前より梅酒造りにも盛んに取り組み、「百年梅酒」が第二回天満天神梅酒大会で日本一の栄冠を手にするなど、多くの方々に支持されています。
~明利酒類株式会社HPより抜粋~

明利酒類株式会社HP

作業工程をチョットのぞいてみましょう!

北浦みつば連合組合で生産された「紅はるか」をペースト状にするために機械で刻む。
北浦みつば連合組合で生産された「紅はるか」をペースト状にするために機械で刻む。
芋焼酎「了(さとる)」(R)の仕込みタンク。「紅はるか」の旨みと香りをじっくりと熟成させます。温度管理には細心の注意をします。
芋焼酎「了(さとる)」(R)の仕込みタンク。「紅はるか」の旨みと香りをじっくりと熟成させます。温度管理には細心の注意をします。

◇お礼の品一覧

10,000円以上の寄附でもらえる。

紅はるか100%使用 【本格焼酎】了(R)2本<br>【内容】720ml×2本
紅はるか100%使用 【本格焼酎】了(R)2本
【内容】720ml×2本