地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

ふるさと納税で日本を元気に!~茨城県行方市~

【有限会社大和田商事】

一年中美味しいさつまいもが食べられるのは、理由がある!!

それぞれの商品が、期間限定商品です。
行方市ふるさとチョイスをご確認ください。
焼きいもにすると、甘さと食感が引き立ちます。 この、おいしさがたまらない!
焼きいもにすると、甘さと食感が引き立ちます。 この、おいしさがたまらない!
行方市の代表的な農産物といえば…
さつまいもです!
ホクホクしっとり、あま~~~~い♪さつまいもをお届けします。

しかも! 10kg!!


サイズはMサイズかLサイズをお選びください。
焼き芋やふかし芋ならMサイズを、てんぷらならLサイズをおすすめします!

◆収穫ってどうしてるの?

行方市内の畑で育った「紅はるか」「ベニアズマ」
行方市内の畑で育った「紅はるか」「ベニアズマ」
秋の収穫時には、いたるところでこの光景を目にすることが出来ます。
秋の収穫時には、いたるところでこの光景を目にすることが出来ます。
行方市内では、早い所で8月の中旬から、さつまいもの収穫が始まります。
大きなさつまいも収穫機械を使って収穫しています。もちろん、機械が入っていけない場所もあるのでそこは、昔ながらに掘り起こしています。
「ふかふか」している土の中から鮮やかな、さつまいもが次々と掘り起こされていきます。
行方市の生産農家さんが、土からこだわって作ったさつまいもは「甘くて、しっとり」とても美味しくいただけます。
掘れたてのさつまいもは、こんなに色鮮やかです。
掘れたてのさつまいもは、こんなに色鮮やかです。

◆おいしさの秘密…

行方市では、国内でもトップクラスのさつまいもの生産量を誇る地域です。
生産量がそれだけあるということは、品質の良さが全国的に認められているからです。

◆質の高いさつまいもが生産できる理由…
行方市は「霞ケ浦」「北浦」と二つの湖に囲まれ、肥沃な大地に恵まれています。
土は赤土で水はけがよく、比較的温暖な気候に恵まれさつまいもを栽培するのに適しています。
また、土地の良さだけに甘んじることなく、さつまいも生産農家が、品質向上のために長年努力して来た結果が、【行方市=さつまいも】という結果につながっています。

◆さつまいもが1年間美味しく食べることができる理由…
さつまいもの収穫は、早いもので8月中旬頃から11月頃までになります。
さつまいもは寒さに弱いので霜の降りる時期になると傷んでしまいます。そのため生産農家は霜の降りる前に収穫をします。
収穫を終えたさつまいもを、保存管理する技術力【キュアリング】が、年間を通して美味しく食べられる理由です。

◆保存技術力【キュアリング】とは…

大和田商事のキュアリング倉庫! 大工さんに頼んで木材で造ってもらったそうです。 
大和田商事のキュアリング倉庫! 大工さんに頼んで木材で造ってもらったそうです。 
天井まで届きそうなコンテナにはもちろん、さつまいもがぎっしり詰まっています。
天井まで届きそうなコンテナにはもちろん、さつまいもがぎっしり詰まっています。
天井近くにある機械がキュアリングの要! 温度、湿度の管理をしています。
天井近くにある機械がキュアリングの要! 温度、湿度の管理をしています。
さつまいもの貯蔵適温は13℃~15℃です。
これより低い温度になると、さつまいもは傷んで食べられなくなります。
そこで、年間通して美味しいさつまいもが食べられるように、キュアリング処理をして保存するという技術が発達しました。

◆キュアリング処理とは…
生産農家が掘りあげたさつまいもを温度32℃~35℃、湿度90%以上の倉庫の中に入れ4日間ほど寝かせます。寝かせることによって、さつまいもの表面の組織を密にして、さつまいものおいしさ成分を外に逃がさないようにします。
この、処理をきちんとすることによって長期保存が可能になります。

◆温度管理
キュアリングしたとはいえ、温度・湿度の変化には弱く倉庫内の温度が低くなれば腐敗をしてしまいます。
かといって、高温では発芽や発根、亀裂を起こしやすく、品質低下の原因になります。
そこで、さつまいもにとっての適温である、温度13℃~15℃、湿度90%以上の定温倉庫での温度・湿度の管理をしています。

~私たちが、とびっきりおいしい「さつまいも」を管理しています。~

有限会社 大和田商事代表取締役 大和田政幸(おおわだ まさゆき)氏(右下)と従業員の皆さん。
有限会社 大和田商事代表取締役 大和田政幸(おおわだ まさゆき)氏(右下)と従業員の皆さん。
出荷前にさつまいもを洗浄します。「ピッカピカ」です!
出荷前にさつまいもを洗浄します。「ピッカピカ」です!
昔から農家では「むろ」と言って、農作物などを保存するために築山のような山を作りその中に秋に収穫した作物を貯蔵する方法がとられていました。

― 大和田さんのところでは、いつ頃からさつまいもの貯蔵を始めたんですか?

私の父の代からなんですよ。
さつまいもの貯蔵するために、スチームを使い始めたんです。
茨城県キュアリング組合の初代会長だったんですよ。
最初に物事を始めるということで、苦労も随分あったようです。その父も50代で他界してしまいました。長年、父と一緒に仕事をしていた母を中心に家族一丸となって頑張ってきました。


― 先ほど、貯蔵倉庫を拝見させていただきましたが、外の扉や倉庫内も木材でした。何か理由があるんですか?

理由ってほどのものじゃないんだよ。
父の頃からもそうでね!今時じゃないよね。
でも、倉庫を新しくする時に知り合いの大工さんに頼んで作ってもらったんですよ。
昔から使っているものの中には新しく変えてしまうものもあるけど、なぜそれを使っていたのかがわかれば、時代遅れだと言われても、商品さえ良ければそれでいいからね。
それに、貯蔵することででんぷん質が糖に代わり『熟成』して、一段とおいしくなるんですよ。


♪この貯蔵にかけるこだわりは先代から受け継がれ、美味しいさつまいもになるんだな…と実感しました。

~出荷作業~

倉庫から出してきたさつまいもを洗います。
倉庫から出してきたさつまいもを洗います。
機械の中を通るとこの通り!ピカピカさつまいも!
機械の中を通るとこの通り!ピカピカさつまいも!
サイズ別に選別をし、箱詰めします。
サイズ別に選別をし、箱詰めします。
安心・安全「美味しさ」をお届けします。
安心・安全「美味しさ」をお届けします。
箱詰め完了!
箱詰め完了!
それぞれの商品が、期間限定商品です。ご注意ください。
・【新芋】ベニアズマ:7月限定受付
・【新芋】紅はるか:8月~4月(予定)限定受付
・熟成ベニアズマ:2月~6月限定受付


PICK UP 行方のお店 ~グルメ~

  • 楽蔵人

    楽蔵人

    行方市富田165-4

    [ 創作居酒屋 ]
    おいしい創作料理を日本各地の種類豊富なお酒でお楽しみ下さい★

  • 菓心 松屋

    菓心 松屋

    行方市山田3010-5

    [ 和菓子・洋菓子 ]
    1958年から鹿行地域で愛され続ける老舗菓子店

  • 和食処酒処 華のれん 本店

    和食処酒処 華のれん 本店

    行方市石神1713

    [ 和食・居酒屋 ]
    古民家風の広々とした店内でこだわりの料理をお楽しみください!

  • 割烹孔雀

    割烹孔雀

    行方市麻生219

    [ 和食・大小宴会・仕出し弁当 ]
    法事・大小宴会は、孔雀をご利用下さい!!

  • Bakery isis(ベーカリー イズイズ)

    Bakery isis(ベーカリー イズイズ)

    行方市麻生146-3

    [ パン、ピザ ]
    安心・安全をモットーに食材を厳選しています!!

  • りさき牛乳屋

    りさき牛乳屋

    行方市手賀4292-2

    [ 配達牛乳 ]
    はじめませんか? 健康習慣!