地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

ふるさと納税で日本を元気に!~茨城県行方市~

丸和繊維工業~動体裁断ドレスシャツ各種&おつつみ各種~

ひと針、ひと針に職人の技術が光る! 着心地の良さに嬉しい驚き!

さらりとした肌触りと、優れた通気性が感じられる…
鹿の子素材のニットシャツです!!

◆着れば分かる!着心地の良さ★★

"日本製"であることにこだわりニット縫製の匠の技を継承し進化し続けます!
丸和繊維工業が仕立てる…
『世界で初めての動体裁断ドレスシャツ』

職人が1枚ずつ縫い上げる丸和繊維工業のニット生地は、とても着心地がよく、動体裁断により、腕を上げても裾があまり上がりません。
返礼品となるのは、そのドレスシャツ「メンブラーナ」です。
鹿の子素材…サラリとして、通気性に優れています。
鹿の子素材…サラリとして、通気性に優れています。
~まず、そっと腕を上げてみて~ シャツの裾をスラックスに入れて「バンザイ!」のポーズをしてみてください。普段のシャツとの比較は着用すれば直ぐに分かります。
~まず、そっと腕を上げてみて~ シャツの裾をスラックスに入れて「バンザイ!」のポーズをしてみてください。普段のシャツとの比較は着用すれば直ぐに分かります。

ノンアイロンでOK!です。 これは、主婦の皆さんには一番嬉しいお知らせですね!

ニット生地なので洗って乾かすだけ。ノーアイロンでOKです。
あれ?袖を通しただけで、いつものシャツと違うって分かる! 腕を上げても、引きつれ感がない!
あれ?袖を通しただけで、いつものシャツと違うって分かる! 腕を上げても、引きつれ感がない!
一度お試し下さい。着心地の良さに驚きます。
一度お試し下さい。着心地の良さに驚きます。

丸和繊維工業の動体裁断ドレスシャツは宇宙へも!

動体裁断ドレスシャツ ~鹿の子 ボタンダウン~
~丸和繊維工業が思う「やさしいシャツ」の条件~
・からだがスリムに見えて、動きやすい
・肩のまわりが、動いても張らない
・空気を編んだような、やわらかい生地

《着崩れしないシャツ》
通勤やデスクワーク、営業回りでさほど身体を動かした覚えはなくてもいつの間にか着崩れをしている経験はありませんか?
腕を上げてもパンツからシャツの裾が出てくることはなく、シャツが身体の動きについてくる。
細身で身体にフィットしつつも動きやすくスマートな印象を与えてくれるようなシャツ…そんな理想を描いている方も多いのでは無いでしょうか?
良い生地を使っても身体にストレスを感じる洋服では意味がない!という考えに至り、型紙(パターン)を見つけよう。そして出会った技術が「動体裁断(R)」でした。

《動体裁断とは…》
機能系服飾デザイナーの中澤愈(なかざわ すすむ)先生が考案した「動体裁断」

一般的なシャツの型紙は背筋をピンと伸ばした状態の姿勢をもとに作られた「立体裁断」ですが「動体裁断」は、関節を曲げた姿勢が原型ですので「身体の動きを妨げず」肩や首に負担がかからず、シャツを着ていることを思わず忘れてしまうほど着心地が良いです。
衿元にも工夫を凝らし、背中から首にそっと沿うようにされています。
歩いている時も座っている時も身体はお腹・胸・首・そして頭までまっすぐなのに、衿が胴体に対して直角に付いているとシャツを着た時に首の後ろで生地が余り、たるみが出てしまいますね。
そこで、「動体裁断」では着た時に背中から首へのラインにシャツがそっと沿って、たるみが出ないように通常の衿ぐりに比べて少し寝かせた角度で仕立ててあります。

【丸和繊維工業のポロシャツが宇宙へ…】
動体裁断を取り入れ、丸和繊維工業の縫製技術と生地の良さで、宇宙航空研究開発機構(JAXA)に採用され、宇宙飛行士の山崎直子さんが船内被服として着用しました。

・丸和繊維工業株式会社HP
http://www.maruwa-tex-ind.co.jp/

・宇宙滞在時に着用する船内被服の搭載について(プレスリリース)
http://www.jaxa.jp/press/2010/04/20100406_clothes_j.html
通常の衿ぐりに比べて寝かせた角度になっています。
通常の衿ぐりに比べて寝かせた角度になっています。
丸和繊維工業会長 深澤氏
丸和繊維工業会長 深澤氏
丸和繊維工業の歴史
1956年、メリヤスの肌着製造から始まりました。
「どうしたら、もっと着心地の良い肌着をつくれるのだろう?」と着心地を追求し、当時としてはめずらしい80双糸の細い綿糸を用いることにしました。
しかしながら当時、日本には細い糸を生地に出来る編み機がなく、渡航もままならない時代に海外へ編み機を求め、やっと「スイス」で見つけることが出来ました。

その編み機で仕上げた肌着は、とても肌触りがよく気持ち良いと評判になりました。

『私はね、行方市麻生地区の生まれなんだよ。
以前は麻生町って言っていた頃のね。
上京してから60年以上が経つんだね! やはり生まれ故郷は懐かしいよ。』
と、にこやかに語ってくださったのは、丸和繊維工業会長 深澤氏です。

『戦後はね。肌着もゴワゴワでね、いいものがなかった時代でね。柔らかい着心地の良い肌着を織る機械を随分探してね。樺太、イギリス、ドイツ…やっとスイスで見つけたんだよ。それは、それは細い糸を使った織り機でね!日本では、そんな織り機を見たことも無かったよ。これだ!と思って日本に持ってきて肌着を生産したら、《こんなに、柔らかい肌着は着たことが無い》って、評判になって…
皆さんに喜んで頂いて本当に嬉しかったね。苦労して織り機を導入して良かったと思ったよ。』

と語って下さいました。
深澤会長の意志と技術を受け継いで今でも進化を遂げている「丸和繊維工業」です。

◆職人の技が活きるドレスシャツ◆

丸和繊維工業のニット生地は、1枚ずつ職人がミシンで縫い上げていきます。
創業以来、職人が縫ったときの感覚を大事にしています。布帛(ふはく)の生地と違って伸縮しやすいので、ニットはミシンをかけている間も、あちこちと、自由に動いてしまう性質だそうで、チョットした力加減で縫い目が曲がってしまい仕上がりに大きく影響してしまうそうです。
そこで!
丸和繊維工業には確かな技術力のある職人さんが1枚ずつ丁寧に仕上げて行くんですね。
これも「丸和繊維工業のこだわり」です。
ひと針、ひと針、丁寧に着心地を追求した職人の技が詰まった商品です。
ひと針、ひと針、丁寧に着心地を追求した職人の技が詰まった商品です。
ドレスシャツを裏返してみると、この縫製の美しさ! 肌ストレスが感じられないのは細かなところに秘密があります。
ドレスシャツを裏返してみると、この縫製の美しさ! 肌ストレスが感じられないのは細かなところに秘密があります。
ボタンには全て、光沢のある天然の貝ボタンをつけています。高瀬貝をひとつひとつ削り磨きあげた貝ボタンは、着た人のオシャレ度をUPします。
ボタンには全て、光沢のある天然の貝ボタンをつけています。高瀬貝をひとつひとつ削り磨きあげた貝ボタンは、着た人のオシャレ度をUPします。
-脇部分- 生地自体も柔らかく動き安い上に腕を上げたり伸ばしたりの動作が凄く楽ちん! それは型紙・動体裁断だからこそ!ですね。
-脇部分- 生地自体も柔らかく動き安い上に腕を上げたり伸ばしたりの動作が凄く楽ちん! それは型紙・動体裁断だからこそ!ですね。

◆お礼の品一覧◆

※上記サイズ表(単位はcm)をご確認のうえご注文してください。<br>※ご使用のモニタ・環境によって実際の色と多少異なる場合がございます。
※上記サイズ表(単位はcm)をご確認のうえご注文してください。
※ご使用のモニタ・環境によって実際の色と多少異なる場合がございます。
メンブラーナ動体裁断ドレスシャツ 色:ホワイト サイズ:S、M、L、LL (各サイズ、いずれかをお選び下さい。)
メンブラーナ動体裁断ドレスシャツ 色:ホワイト サイズ:S、M、L、LL (各サイズ、いずれかをお選び下さい。)
メンブラーナ動体裁断ドレスシャツ 色:サックス サイズ:S、M、L、LL (各サイズ、いずれかをお選び下さい)
メンブラーナ動体裁断ドレスシャツ 色:サックス サイズ:S、M、L、LL (各サイズ、いずれかをお選び下さい)
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 光琳「松竹梅かもふらーじゅ」』【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%  
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 光琳「松竹梅かもふらーじゅ」』【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%  
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 猫市松/広重』【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 猫市松/広重』【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 石蕗に麻の葉』 【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%
丸和繊維工業「OTUTUMI」シリーズ 『おつつみ 石蕗に麻の葉』 【内容】約70cm×70cm ポリエステル100%