地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

なめがた今昔物語

昭和59年2月10日天王崎の結氷

~今ではもう見る事の出来ない天王崎の美しい風景~

2017/03/27

昭和59年2月10日の霞ヶ浦の天王崎のおける結氷の写真です。

昭和59年の2月の上旬は折の大寒波の影響で、鹿行地区では昭和59年2月4~9日の6日間の間が全て平均気温が氷点下を記録しました。

特にこの写真が撮影された前日の昭和59年2月9日は最低気温はマイナス6度を記録し、本当に寒くなった事がうかがえます。

この大寒波のせいで天王崎が結氷し、柳の木が結氷しました。

今は地球温暖化が叫ばれている故、このような景色ももう見ることが出来なくなってしまいましたね。

色々考えさせられる写真です。
こんなに美しい樹氷が見れたんですね><
こんなに美しい樹氷が見れたんですね><
船に積もった雪が美しいです。
船に積もった雪が美しいです。
天王崎で見られた霞ヶ浦の結氷です(^◇^)
天王崎で見られた霞ヶ浦の結氷です(^◇^)
美しいです…><
美しいです…><

写真提供…行方市教育委員会 生涯学習課