地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

行方市地域ポータル「なめがた日和」

なめがた今昔物語

昭和38年の行方郡児童生徒音楽会(北浦中学校講堂)

~吉田彦次先生の北浦でのあしあと~

2016/04/05

行方郡児童生徒音楽祭の様子

昭和38年11月に北浦中学校講堂で行われた行方郡児童生徒音楽会での写真です。

当時の行方郡内の小中学校すべての児童・生徒を集めて朝8時から夕方5時までずっと音楽祭をしていたそうです。

集まる児童・生徒の人数は全部で1000人くらいいたそうで、それはそれは大きな音楽祭だったそうです。

この写真に写る生徒は現在は全員還暦以上ですね。

とても懐かしい写真です。
写真は北浦中学校楽器クラブの演奏です。
写真は北浦中学校楽器クラブの演奏です。
生徒が一同に演奏する姿が見えます。
生徒が一同に演奏する姿が見えます。

北浦中学校の音楽教師、吉田彦次先生について…

吉田先生の職員室の前での一枚。
吉田先生の職員室の前での一枚。
上記の写真で指揮棒を振るのが、当時の北浦中学校の音楽教師吉田彦次先生です。

この写真が撮られた当時は吉田先生は29歳。

音楽の教育に熱心な先生で、生徒たちにも人気があったそうです。

北浦中学校には昭和38~53年まで勤務し、北浦中学校で名物の先生だったそうです。

職員室の前でたたずむ姿が素敵ですね☆

白黒写真でもイケメンなのが分かります。
ピアノを演奏する吉田先生。
ピアノを演奏する吉田先生。
吉田先生は81歳になられましたが、現在も現役で行方市の音楽分野に関わっています。

今年4月に開校する北浦小学校の校歌を作曲をしたのも吉田先生です。

かつて北浦の音楽会で演奏した生徒からその子供、そしてその孫の世代まで…三世代にわたって北浦の人々の心に吉田先生の音楽教育が心に刻まれています。
新しい校歌の作曲者には吉田彦次とあります。
新しい校歌の作曲者には吉田彦次とあります。
北浦小学校の校歌はこの先ずっと歌い継がれてゆきます。

現在の児童の子供や孫の代まで…

そう考えると何世代にもまたがって愛される音楽の力って本当にすごいですよね。

そう思うとこの校歌にも愛着がわいてきますね。

新しくなった校歌。これからもずっと大切に歌い継いでいって下さい。


ちなみに吉田先生は80歳を越えられた今も現役でピアノ教室を営んでいます。

吉田先生にピアノを習いたい方はコチラまでご連絡ください。

コチラ→吉田ピアノ教室

PICK UP 行方のお店 ~学ぶ・スクール~