地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

なめがた来たらいがっぺよ サイクリング特集

有限会社佐原屋の今昔

有限会社佐原屋の今昔~キャンディー屋さんから始まった3世代続く卸問屋~

現在の佐原屋

有限会社佐原屋は、現在、麻生陣屋大通商店街で営業をしています。

佐原屋さんは今の事業になるまでに様々な変遷を辿っています。

キャンディー屋さんから始まり、アイスの卸しになり、現在は牛乳配達とこんにゃくの製造を行っています。

今回はその佐原屋さんの今昔を追ってみようと思います。

佐原屋について

 

佐原屋さんは現店主の大竹幹男さんのおじいさんが昭和初期に建てたお店で、開店当時はキャンディーとこんにゃくの製造を行っていたそうです。

本家が豆腐屋であったこともって、豆腐ではなくこんにゃくを作ったことがお店の始まりだそうです。

そして、そのうちにアイスクリームの卸業も始まり、コーラや牛乳の配達も始まったそうです。

昭和43年の佐原屋

 

昭和43年の佐原屋さんです。

当時は、丸い郵便ポストがお店の目の前にありました。

牛乳瓶を入れた箱がたくさん重ねてあって、この牛乳を自転車で配達していたそうです。

昭和43年の佐原屋

昭和50年の佐原屋

 

この写真は昭和50年頃の佐原屋さんです。

ちょうど旧盆の時期で七夕飾りがしてあります。

当時は商店街で競争をして七夕飾りをしていたそうです。

この頃になるとコーラの看板もお店の壁に設置され、扱う品物も手広くなってきたことがわかります。

昭和50年頃の佐原屋

現在の店主、大竹幹男さん

 

現在の店主の大竹幹男さんは佐原屋の三代目。

生まれも育ちも生粋の麻生陣屋通り商店街という方です。

幼いころは大麻神社例大祭の稚児も務め、麻生という土地と共に人生を送ってこられました。

現在は行方商業協同組合の理事長をなさっています。

昭和32年の佐原屋前、馬に乗っている子供は現在の店主の大竹幹男さん

行方商業協同組合理事長の大竹幹男さん

開店当初から手作りにこだわった、こんにゃくが購入できます。

 

佐原屋さんで開店当初から三代に渡り脈々と受け継がれてきたこんにゃく。

現在もすべて手作りで製造しています。

このこんにゃくは麻生で育った人は懐かしの味でファンが多いことでも有名です。

冬の季節しか食べることのできない麻生陣屋商店街グルメですよ!

昔ながらの作り方ですべて木枠に入れて作ります。

すべて手で切ってこんにゃくを仕上げます。

麻生陣屋通り商店街の冬の味覚のこんにゃくです。

おわりに

 

「有限会社佐原屋」の変遷を追いかけてみました。

時代ごとに様々なものを商売にしてきた佐原屋さん。

時代が変遷しても創業当初からのこんにゃく作りは変えていないというのがとっても嬉しいですね。

麻生を訪れた際には、一度食べてみたい逸品です。

これからも佐原屋さんはずっとずっと麻生陣屋通り商店街を見守り続けてくれます。

PICK UP 行方のお店 ~ショッピング~

  • しまだ和花

    しまだ和花

    行方市玉造甲3464-12

    [ アーティスト/アトリエ ]
    魅力にあふれる“しまだ和花(のどか)”の作品をご存知ですか?

  • 小沼金物店

    小沼金物店

    行方市麻生1259

    [ 建築金物、水道資材、土木資材 ]
    小沼金物店に行けば、プロフェッショナルな商品が揃っています! 

  • 株式会社ライスミル

    株式会社ライスミル

    行方市板峰187

    [ 米穀業 ]
    安心・安全を食卓へお届けします。

  • 大輪米菓店

    大輪米菓店

    行方市手賀172-1

    [ せんべい・あられの製造販売業 ]
    玉造で170年程前は酒造りをしていたせんべいあられのお店!

  • 株式会社 麻生ハム

    株式会社 麻生ハム

    行方市青沼637

    [ ハム・ソーセージ販売店 ]
    安心・安全な製品をお客様へお届けします!!

  • 田宮農園

    田宮農園

    行方市手賀1698

    [ あいがも農園、米販売 ]
    合鴨農法で消費者と生産者を繋ぎます!