地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、行方市地域ポータル「なめがた日和」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

行方市地域ポータル「なめがた日和」

なめがた来たらいがっぺよ サイクリング特集

鈴木洋品店の今昔

~なんと建て替える事3回! 親子2代同じ場所で営業を続ける洋品店~

現在の鈴木洋品店さん

鈴木洋品店さんは県道2号線沿いのなめがた農業協同組合のそばでお店を開いています。
今回はその鈴木洋品店さんの今昔を追いかけてみようと思います。

 

鈴木洋品店の始まり…

 

鈴木洋品店さんの始まりは、初代店主の鈴木春吉さんが終戦と共にお店を開業したところから始まります。

春吉さんは、洋服屋さんの修行に行っていた時に徴兵がかかり、陸軍で南方戦線へ行きました。

第二次世界大戦終戦後、故郷である麻生に帰ってきて結婚し、すぐに鈴木洋服店(のちの鈴木洋品店)を開業しました。

鈴木洋服店は一人ひとりの寸法を図ってオーダーメイドで洋服の仕立てをしていたそうです。

昭和40年~50年ごろの鈴木洋品店

 

2代目の鈴木廣さんが昭和40年初め頃に高校を卒業し、鈴木洋品店に入りました。

廣さんは「長男は家業を継ぐのだから、早く家業を継いだ方が良い」という考えだったそうです。

廣さんが昭和43年に結婚し、昭和50年にはお店を新しくして鈴木洋品店も益々発展していきました。

この頃は、朝2~3時に起きてタウンエースで東京に仕入れに行っていたそうです。

当時は、子供がたくさんいたので子供服が良く売れたという事です。

子どもがたくさんいた頃はやはり運動服も良く売れた時代であったということで、この頃鈴木洋品店さんは麻生洋品組合に入り事業を拡大していったということです。

昭和60年頃の鈴木洋品店

 

昭和60年代になるとバブル景気で日本の景気はどんどん良くなっていきました。

鈴木洋品店さんも店がとても繁盛したそうで、この頃店が手狭になり店を増築したそうです。

昭和60年頃商工会市に出店する鈴木洋品店

平成2年頃の鈴木洋品店

 

昭和60年に増築した鈴木洋品店でしたが、そのわずか5年後の平成2年に現在の店舗へと建て替えをします。

店舗の前の道路拡張による店舗建て替えだったそうで、これが現在の店舗となっています。

写真は鈴木洋品店さんが新しくしたときの写真です。

開店お祝いの花輪がたくさん並んでいるのが見えます。

平成2年頃現在の店舗を建てた時の鈴木洋品店さん

沿道には花輪がずらっと並んでいました!

まだ、歩道を作っている途中というのがわかります。

おわりに

 

麻生の学生服や運動服をずっと小売りしてきた鈴木洋品店さん。

3回の店舗建て替えがありましたが、同じ場所で今も営業を続けています。

鈴木洋品店さんはこれからもずっとずっと行方市の未来を見守り続けてくれます。

PICK UP 行方のお店 ~ショッピング~

  • 大輪米菓店

    大輪米菓店

    行方市手賀172-1

    [ せんべい・あられの製造販売業 ]
    玉造で170年程前は酒造りをしていたせんべいあられのお店!

  • 千ヶ崎味噌糀店

    千ヶ崎味噌糀店

    行方市船子267

    [ 味噌・糀・甘酒の卸、小売販売 ]
    国内産原料にこだわった手造り味噌や手造り甘酒の卸・小売販売!

  • 株式会社 出沼三郎商店

    株式会社 出沼三郎商店

    行方市麻生1076-5

    [ 米穀、肥料販売 ]
    創業大正12年、厳選肥料で栽培された「あそう蔵出し米」

  • しまだ和花

    しまだ和花

    行方市玉造甲3464-12

    [ アーティスト/アトリエ ]
    魅力にあふれる“しまだ和花(のどか)”の作品をご存知ですか?

  • Framboise (フランボワーズ)

    Framboise (フランボワーズ)

    行方市手賀2634-1

    [ 服飾雑貨、アクセサリー ]
    ちょっとしたプレゼントがほしい時お立ち寄り下さい★

  • タネのハシモト

    タネのハシモト

    行方市麻生3290-64

    [ 種苗業(野菜の種子・野菜苗・肥料・特殊肥料・青果流通販売) ]
    農業を行う方を総合支援! 農業の事なら当店へお任せください!